RSS | ATOM | SEARCH
隠れ家の湯 もう行かない!
数日前、「あ〜もう仕事嫌!」「こんな生活もうヤダ!」と自分の無能振りを棚に上げて現実逃避いたしました。

で、三男を連れて温泉にと…行く訳になったのですが、いつもと違う所に行きたいと、以前に市長が朝ズバで「温泉もどきはあると」と発言し、謝罪するハメになった薮塚温泉に行く事にしました。

念のため申しておきますが、以下で述べる薮塚温泉は、その温泉ではなく、本当に「もどき」の温泉ですので誤解のないようにしてください。

その温泉に行くのは何年ぶりか覚えてないのですが、まだ三男も生まれてなく姪っ子も男湯に一緒に入ってた位ですから20世紀だったと思います…そして岩風呂で半露天風呂があったのを覚えていました。
さらに看板には「入浴料390円」とあり、安いと言うイメージでした。
相変わらず看板は「390円」で入り口の電光板にも「390円」とあったのですが、480円でした…。
子供250円…券売機のどこを見ても390円に該当するボタンなし。
一体何が390円なのだろうと疑問に思いつつ、入りました。

さすが平日の昼間だけあって先客は1人だけでした。
そして体を洗おうとシャワーを出したら水のままです。
三つ位試してみたものの、水です。
で、先客の方に「シャワー使えないのですか?」と尋ねてみた所、「5時位までは水しか出ないよ」と当たり前の様に教えていただきました。
今までいろいろな所に行きましたが、初めての体験です。

「ちょっと待てよ〜」と言う感じで仕方なく湯船のお湯で体を洗おうと思ったら何にも体を洗う物がない、固形石鹸すらないのです。
まぁ、これはサービスの考え方なので文句は言えないですが…

んで、さらに岩風呂は工事中でブルーシートで囲われています。
何でも、数年工事中だと先客の方が教えてくれました。
ある湯船は温泉(お湯?)の湯船一つと水風呂だけです、後ぬるい狭いサウナがポツリと…エンターテイメント性0、でも「家族で楽しめる温泉」と看板にはある、ある意味、他の所は素晴らしいと思うのには良い比較例であるかも知れません。

とりあえず、ぬるい湯につかりながら三男は先に出て、かき氷を食べると行ってしまったのですが、私も数分入って挫折しました。
そして、出てみたら三男はポツンと1人で券売機に背もたれながらゲームしている、「どうしたの?」と聞くと「4時にならないと食券が販売されないって」と…、じゃあコンビニで何か買ってあげるからと去りました。
なんか妻に逃げられ、銭湯通いしている親子みたいでした。

帰り道、我が家の周りにはないミニストップでピーチのソフトクリームを頼んだら、出て来ない…結果、立ち読み親子となってしまったのですが、店員さんから「凍ってしまって出来ないのでぇ…」と申し訳なさそうに言われバニラのソフトクリームとなってしまいました。。。

結局、風呂は入り直しとなり満たされぬ半日を無駄に過ごしました。

もう、一生隠れていてほしかった「本物の隠れ家の湯」でした。
ちなみに、隠れ家の湯は店名ではありません。
author:Muck!, category:あそび, 18:09
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。