RSS | ATOM | SEARCH
イヤッ!来ないで…
JUGEMテーマ:日記・一般

私の住む地域はなんだかんだ言っても田舎である。
街育ちの私にはカルチャーショックも多々あるものの、
一人前の田舎者になったつもりである。

とは言え、私が来た当時から見ると住宅地になりつつあり、
遺産でもらった土地で農業せずにマイホームを建てたりと
住宅地になりつつある地域にもなってきた。

そして、今年の夏は暑い!しかも「蒸」暑い。
なので、私の家でのクールビズはタンクトップとトランクスのみで仕事とかもしたりしている。
で、先日、風呂上りに目を通しておきたい書類を車の中に置いたままになっているのに気付いた。
さすがに上記の恰好で表には…と思ったのだが、「誰もいない」と言う妻の言葉を信じて車に書類を取りに行き、後部座席でカバンを取った瞬間に

↓家から見るとこんな状態で後部座席を物色


回覧板です〜と近所の主婦の方が登場!
「あぁ〜どうもごくろうさまです〜」と対応する私ですが、相手から見た光景は↓


首から上だけの私が見えたのだと思います。
まさか、下半身がトランクとは思わないで…

ロマンチックに窓越しで渡してくれれば良いものを、親切にドアを回って渡しに来てくれました、下半身トランクスの私に…

一瞬たどろく主婦、対して私は当たり前のように平気な顔をして、「暑いですねぇ〜」と、別に気にする様子もなく対応、、、でも主婦から溢れるオーラは気まずい雰囲気のものが。。。

とりあえず、ゴルゴに憧れてブリーフ派でない自分を褒めてあげたい。
みなさんも、気をつけましょう。
author:Muck!, category:そのた, 23:28
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://ex-brain.jugem.jp/trackback/1402169