RSS | ATOM | SEARCH
炎上してもいいや、津波をなめた結果
JUGEMテーマ:日記・一般

今、東北復興に少なからず関係しているので…。
同様な意見も直接聞きましたが、津波をなめてのではと。

今、フジテレビでやっている番組。
冒頭では、防波堤のせいで津波が分からなったと、まるで防波堤のせいに。
なら、防波堤をなくした方が良いのではないですか?
その方が、いいんでしょ?
その防波堤が津波の到達を遅らせ、それで助かった方も多いはず。

どうせ、今回も大げさと思ったのでしょう。
そして、その度に不要に不安を煽るなと 文句を垂れる方も、いっぱいいました。
で、控えめに言ったら情報伝達が悪いと、その伝達をしながら亡くなった方はどう思うでしょうね。
津波が来たら文句、来なければ文句。

防波堤の上で眺めていた方達は何なのでしょうね?
津波が来たら体で受け止めるとでも思っていたのでしょうか?
とにかく、なめていた結果もあるでしょう。
予想外?無信仰者ですが、自然は人間の操れるほど優しくありません。
この点の詳細は私の以前のブログを読んでください。

千年に一回でも、来る時は来る。
その度に、後世に伝える話をしてきたわけですが、それは生かされていなかった。
ごく一部の地域を除いては、大袈裟に海と言う自然の怖さを伝えた地域ですがね。
空振り情報でも、あぁ良かったと思える地域。

今後、この不幸は後世に伝えられるのでしょうか?
今まで伝え続けていられなかった情報を…
多分、自覚なければ昔話として同じ事の繰り返しでしょう。

なぜ、こんな話をするのか?
ギリギリ逃げた方達が、昔話をなめていたと自覚したからです。
それは、私には応援できない命のリレーでしかないです。

それと、防波堤のせいだと勘違いしている方も実際に多い。
今度は何メートルと聞かれた事多々あります、その時は邪魔ならなくすかスカイツリー以上の物でも作ればと、冷たく答える私は、それまで真摯に話を聞いていた私よりの意外の答えに驚くのが分かりました。

だって、教訓生かしてないじゃん。
石碑とかいっぱいあるのに、ただの遺物にしてる。
それを伝える意思ないなら、そう言うしかないでしょう?
私に何を期待しているのですか?
私は海無し県の関東平野にの奥の地盤硬い群馬の人間ですよ。

必死に逃げて亡くなった方が殆どでしょう、けれど余裕で眺めて笑いながら気付いて焦って亡くなった方もいる。
映像も多くありますが、「すげ〜」とか笑っている人も多々。
人間、想定外になると笑うと言う事でバランスをとりますが、そう言うレベルでなくお祭り気分で、それが流される町を見て本気で焦る…何も伝わってない。

私は過去に趣味でアホみたいな回数海に潜って遊んでいました。
ただ、ボート小屋のおじさんに言われた、地震、雷、強風になったら、すぐに戻れと言う事です。
私には非日常的な話でしたが、実際に経験した時に恐怖を覚えました。
あまりに海に近いのが慣れとなったのも原因でしょう。

原発だけでなく津波でも人災と言えるべき不幸があったと思います。
観光シーズンの今、海水浴や山登りでアホくさい注意書きがあると思います。
それには意味が必ずあると言う事を肝に銘じ、ガンダム風に言えば、少し臆病なくらいが丁度いいと思ってください。

優しい言葉よりも、厳しい話の方が役に立つと思っています。
いざと言う時は臆病者とバカにされても逃げる、それしか言えない。

やるせない気持ちを爆発させていただきました。
author:Muck!, category:そのた, 21:44
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://ex-brain.jugem.jp/trackback/1402174