RSS | ATOM | SEARCH
震災から半年
JUGEMテーマ:日記・一般

私には、まだ半年か…と言う感じです。
3.11から生活が一気に変わってしまいましたから。

人間慣れていると早く感じ、不慣れな事には長く感じると以前に書いたのですが、その不慣れの中にいたのだと思います。

私は震災復興に携わっていますが、あまり震災や津波については語りませんでしと言うより、私は地震は感じましたが、津波は経験していないからです。
今回の災害は地震だけであれば大参事にはなっていなかったでしょう。
不謹慎ですが、死者二桁程度のレベルだと思っています。
それに私は津波なんて増水程度であり、映像で見るような光景は全く想像もしていなかった…これは現地の方も多数ですが、そんな知識なんてありませんでしたから。

私が地震に遭ったのはスーパー銭湯内でした。
久々のオフと言うか早く切り上がったので、その帰り道に寄って、帰宅したら家族で外食に行くと言う、特段変わった事のない週末でした。

体を洗い炭酸泉に入っている時でした。
腰が浮いて揺れる感覚に、シュワシュワと気泡が大きくなり、「あれ?揺れてる?」と言う感じで、隣に居た見知らぬ方と「地震ですかねぇ」と言っている最中に背面にあった中庭の露天風呂を見渡せる大きなガラスがガタガタと鳴り始め、外れると思い離れてプラスチック製の1人用のイスに座りました。
久しぶりに大きな地震だったなぁと思った瞬間、大きな横揺れが始まり、女湯から大きな悲鳴が聞こえ、ガラス越に見える中庭の木が竹のように大きく左右に振られ、私も座っていられなくなりジェットバスの手すりに掴っていました。
みな、何かに掴ったり床に直接座り込んだりと、とにかく裸のまま必死に倒れないようにとしている光景でした。
湯船のお湯は左右に大きく揺られ溢れ続けていて、揺れが収まったのかどうか感覚的に分からない状態の中、テレビが見たくて脱衣所へ、そこでは大きな地震があったようですねと呑気に言っている関西系番組で、とにかく大きな地震だったなと、私もそこで終わった感じだったのですが、念のため携帯から妻に電話しようとしたら不通、自宅へも不通、メールも送信できない状態になっており、テレビではテレコムセンターで火災発生、仙台で火災発生と報道が始まりました。
気付くと画面には日本地図が表示され、地図右側の海岸が赤くなっていました。

とりあえず帰るかと、体しか洗ってないよな…もったいないと思いつつ、着替えている最中に妻から携帯が鳴り、出たらツーツー・・・、何だよと思いかけ直しても不通、ふと気付くと着信履歴には妻からの着信がズラーーーと並んでいる、けど鳴ったのは先ほど一回と思っているそばから、着信履歴だけが一件追加…こりゃ酷い混線だなと、施設を出て片側一車線の国道に乗って100メートルもしない内に大渋滞、右も左も田んぼでUターンもできない、けど対向車も来ないので、無理矢理切り返してUターンをして戻り始めたら信号が着いてない!民家の塀が崩れている、道路脇の民家の瓦が落ちて道路を半分ふさいでいる、と明らかに地震後の光景でした。

いつもなら30分かからない道を1時間以上かけて戻りました。
とにかく家族は無事、パソコン本体が落ちて外装分品が壊れた程度でした。
テレビでは仙台空港が津波に飲まれる光景が映っていましたが、場所的に悪いからなぁと言いながら、改めて風呂に入り直して続々と入ってくるニュースを見ながらビールを飲み始めていました。
その時間、現地ではとんでもない事になっているとは全く思いもしないで。

日が沈み、外食へと向かったのですか、途中変な事に気付きました。
暗い、とにかく暗く民家の電気も着いていない。
「もしかして停電?」と言い始めたら信号も着いていない状況になり…
国道は街路灯が全て消えている…
我が家の地域はインフラに全く問題なかったので気付かなかったのですが、地域外では停電、断水が発生しており、オール電化の家は悲惨な状態となっていました。

「なんで?」「ただの地震じゃん」と群馬から栃木に入ったら、本当に境目から街路灯も信号も着いていて、縄張り意識を感じつつも、予定としていた飲食店に到着するも停電が復旧したばかりで何もできないと、他に行こうと車を出したら再び街路灯も消えた闇へ、こんな暗いものなんだと思いながらインフラの生きている近所の飲食店に向かえば混雑、インフラ遮断された地域では料理もできないので外食になったようで、それでも普通に飲食して帰宅しました。

まぁ、明日になれば元通りと、その瞬間東北の地では深刻な未曾有の状況になっているとも深く考えもせずに休みました。

こんな呑気に過ごしていたので、私はあまり語りたくないのです。
翌朝見たテレビでの光景、被災地へ向かう困難が、数十時間後に訪れるとも思わないで…


以下、応援団体のお知らせ

「届かない義援金よりも届ける復興物資を」を合言葉に、
東北復興物資応援会りぼんはがんばっております。
今回の台風12号の被災地に対しても一部活動を検討しております。
義援金は送って使途不明となるよりも、物資として応援する「東北復興物資応援会」に
寄付をよろしくお願いします。

認可任意団体 東北復興物資応援会りぼん(NPO内閣府申請中)

ゆうちょ銀行
記号10400番号28537831

銀行からの振込
店名048(普)2853783

三井住友銀行 太田支店(032)
(普)4090439

口座名義:東北復興物資応援会(トウホクフッコウブッシオウエンカイ)

領収書の発行可能だそうですので、必要な方はご連絡ください。
控除の対象になります。

台風12号のみに応援されたい方は振込人名に「12」と入れてください。

現金書留など郵送は下記で受け付けます。
(物品は本当に送らないでください)

〒370-0341群馬県太田市新田金井町457-2
東北復興物資応援会
TEL/FAX0276-78-7220
メール infoあっとex-brain.net

author:Muck!, category:東日本大震災関連, 09:18
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://ex-brain.jugem.jp/trackback/1402187