RSS | ATOM | SEARCH
心のこもったありがとう
JUGEMテーマ:日記・一般

先週、渋谷からの帰り、人身事故で湘南新宿ラインが運休…
とりあえず赤羽まで埼京線で出て高崎線に乗り換えと思っていました。
一本見送り次の通勤快速に乗りこみました。
見事な混雑でした、痴漢電車の異名を取る埼京線に、湘南新宿に乗る予定だった人も乗ったわけですから、押し潰れさながらの辛抱!
で、私は第一車両に乗っていたのですが、運転席の後ろはフリースペースになっています。(車いすの方が使うスペース)

そこで、まだ小学5〜6年生の女の子が運転席後ろの角に押し込まれ、オヤジに痴漢的な行為をされているのを目撃してしまいました。
ただでさえイラついていたのに、許しがたき性犯罪、しかも少女に!
これはと思い混雑の車両の中を無理矢理移動して、何とか辿りつきオヤジと少女の隙間に腕を突っ込み、思いっきりオヤジを睨みつけたら後ろを向いたので、ほっと。
こう言う時に私の悪人面は役に立つ便利なツールです。

でも、ぎゅうぎゅう詰めの状態は変わらないので、潰されないようにそのままの状態で維持、赤羽着いたけど混雑は相変わらずなので、大宮で乗り換えれば良いかと大宮まで行く事に決定。
携帯で大宮での接続時間を見たら、乗り換え時間が2分!
多分、埼京線だから地下(?)ホーム、高崎線は階段を結構上り下りなければ…それを2分で行けるかと思いつつ、しかも大宮で人が減らなければどうしようとか、9月なのにクソ暑い日なのに市ヶ谷から靖国神社参拝して神保町まで歩いて汗だくなのにギャズビー忘れて汗臭いかなと言うのと、神保町で商談前なのにニンニクたっぷり入れて食った味噌ラーメンのせいで…間違いなく臭いよなぁと、気の毒に思いにながら大宮に着。

女の子も下りたので、これで安心して下りられると…後は高崎線までダッシュ!体力あるかなと思いながら階段を目指している最中に後ろから

「あのぅ……」と小さな声、自分にとは思わなかったのでダッシュ体制に入ったら・・・「あのぅ」と少し強めの声で振り向いたら、あの女の子が。
なんかたどたどしく、「ありがとうございました」と深々とおじぎを。。。
私もどうしようかと、「気をつけて帰ってね」と足早に手を軽く振りながらクールに去りながら、こりゃ間に合わないなと階段を上りはじめました。

案の定、ホームへ下りる階段の途中で走り去る電車を見送りながら、用もないしトイレでも行こうかなと階段を見上げたら女の子は見送りに来ていたみたいで、今度は軽いおじきを、私も再び手をふりホームへ。

ちょっと俺、かっこいいかも?
汗だくになってニンニクたっぷり食って臭かったろうに。
電車一本遅れたけど、まぁいいかなと。

たまにはいいよね、一人自惚れても、そんな事ありました。
逆に元気もらえたかな?
名前も何も知らない子だけど、今度は大声出してねと言い忘れた気がする。。
author:Muck!, category:ひとり言, 12:31
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://ex-brain.jugem.jp/trackback/1402191